パワーストーンの活用法

さて、新しいパワーストーンのブレスレット(またはネックレスでもイヤリングでも・・なんでもいいんですが・・。)を手に入れました。
これさえ持ってれば大丈夫!・・と思われる方もいるかもしれませんが、もしも念願成就のために持つならば、少々不十分かもしれません。

もっとも・・チャームとして持つならばそれだけでも構わないです。
しかし、真剣に何か叶えたい願望があっりその為の手助けの道具として使うのであれば、ぜひお勧めしたいことがあります。

まず浄化が必要。
(「銀の月」では浄化した後、郵送してるので省いてしまってもOKです。)
浄化の方法は、もちろん石によって違いので、こちらの浄化の方法を参考にしてください。
(詳しくは、購入されたお店に尋ねるか、またはパソコンで検索しても、最近はいっぱいヒットするんで自分でも簡単に調べられると思います。)

なぜ「浄化」(または聖別とも言う)しなければならないのか?

それは、天然石は触れた人の「気」を吸ってしまう性質があるからです。
持ち主の手元に届くまで、石は色々な人の手を経てきます。山で掘り出した人、それをカットしたり研磨した人、バイヤー、加工した人などなど。
そのようにして石は、色々な人の手を経て(気を吸って)やってくるわけです。
そこで、まずは他人の気を抜いてまっさらな状態にする必要があります。
その後、はじめて持ち主の気を吸収してもらい、持ち主もまた天然石のパワーを吸収してだんだん一体化していくことになります。 そこで初めて持ち主と石の気が一緒に動きだすことになります。


気の入れ方

まず、リラックスした状態になること。
そして、できれば、天然石は左手で持つか両手で挟み込むように持つ。 なぜなら、手のひらが一番気が出やすいから。特に無意識の状態では、人は右手から「気」を吸い左手から出すようです。
(どちらの手からでも気を出せるという方は右でも左でもご自由に!)
また通常、左手首につけておくことをお勧めします!(ただし石によって、または時と場合によっては右手の方がいい場合もあります。)

次に何も考えない「無の境地」を作りだす。
これは、いきなりやろうとすると難しいかもしれませんが・・ポイントは、まず日常の顕在意識の世界から離れることです。

そのためには、ゆっくりと腹式呼吸を続けてみてください。
鼻から吸って口から吐く・・を繰り返しながら、リラックスしながら自分の呼吸だけに集中して自然と一体化するような心持で。
自然と一体化する・・というのもイメージなんですが、それは空気の中に溶け込んでいく気分でもいいし、または自分自身が森羅万象の一部になっている気分でも・・何でもいいです!
とにかくリラックスして余計なことは何も考えない状態を作り出すこと。
それが「無の境地」です。

無になることは、シンクロニシティーを引き起こす状態に近づくようです。
この状態で十分に自分のの「気」を石に入れてあげること。
これもイメージですが、自分の体を通って左の手のひらから石へと気が入っていくイメージをしてみてください。

さて次に、
天然石を握りながら、自分自身の願望、なりたい姿をなるべく強く細かくイメージすることです。

これで完了です!

ただし・・ずっと その思いを引きづらないこと。
むしろ忘れた状態で日常を過ごした方がいいです。
(いつもその思いが頭にあって忘れられずぐるぐる回っている状態だと、顕在意識と潜在意識がうまく流れなくなってしまうようです。
オン・オフに切り替えが必要なんですね。)

これを1日1回ほど寝る前にでも続けてみてください。

もしも無の境地になれない・・・うまくいかないという場合は、とりあえず左手で握って願望をイメージしながら・・眠くなったら途中で寝てしまってもかまいません。

ようするに、これもメディテーションの一種ですね。
最低1日1回は顕在意識を遠ざけて、心身ともにリラックスすることが基本です。

リラックスできない限り、気の流れを感じることもできないし天然石のパワーも感じられないと思いますよ。

うまくリラックスできないときは、腹式呼吸をしてみてください。

また、日中ひどくイライラしたりショックなことがあったときにも腹式呼吸は役立ちます。
鼻から新鮮ないい空気を思いきり吸って、自分の体の中の悪いものをすべて吐き出してしまうようなイメージで・・。

最初のポイントは、リラックスすること、腹式呼吸・・それはすべての基本です。

そして、リラックスした中で浮かべるイメージこそが、すべてを握る鍵になるはずです。

<< 前のページに戻る

inserted by FC2 system